チップソーローラー(ジズライザー)- 充電式草刈機にオススメのアイテム3選

充電式草刈機をより便利に、快適に、楽に、安全に使うことのできるオススメのアイテムが3つありますので、ご紹介していきたいと思います。

1つ目がチップソーローラーです。ジズライザーという名前の商品もよく知られています。

なぜチップソーローラーが必要なのか

チップソーローラー(ジズライザー)が必要な理由は大きく3つあります。

1.とにかく作業が楽になる

チップソーローラー(ジズライザー)を取り付けると、草刈機の先端、つまりチップソーの部分を地面に沿わす、つまり置くようにして作業できます

チップソーローラー(ジズライザー)を使わない場合、先端部を地面から軽く浮かせるようにして作業するわけですが、これは意外と体力も集中力も消耗してしまうんですよね。

チップソーローラー(ジズライザー)を取り付けていると、先端部を地面に置いて左右に振って草刈りできますから、体力の消耗はもちろん、精神面の疲れも低減できます。

でも、地面に直接置いちゃっていいの? と思いますよね。そこで理由その2、です。

2.チップソーと地面の距離を保つ

実際に草刈り作業をすると分かるのですが、草刈りをする地面は平坦ではなく凸凹しているケースが多く、石や木切れなどが落ちていたりもします。

高速で回転するチップソーが地面に触れると地面を掘り返してしまったりしますし、石や木切れに当たると高速で飛散して怪我の元になったりします。

チップソーローラー(ジズライザー)を装着すると、チップソーの下部にチップソーローラーの高さだけ余剰が生まれることになり、チップソーが地面や障害物に直接触れにくくなります。

チップソーローラーを装着すると、意識して草刈機の先端(刈刃部分=チップソー)を持ち上げておく必要がなくなり、地面に置くようにして左右に振るだけの作業になるので、精神的にも体力的にも負担がかなり軽減されます。

3.チップソーを留めるナットの摩耗を防ぐ

チップソーを留めるナットは、チップソーの下側、つまり地面に触れる場所に取り付けてあります。

この部分は高速で回転しているので、当然ナットも高速で回転しているのですが、ここが地面や石などに触れるとダメージを受け、徐々に摩耗していきます。

ナットが摩耗すると角が取れ、スパナなどの工具でナットの取り外しができなくなってしまう可能性があります。

ナットを保護する意味でも、チップソーローラー(ジズライザー)の取り付けをオススメします!

チップソーローラーの種類

1.マキタ(makita) A-51079 草刈チップソーローラー

充電式草刈機のトップシェアを誇るマキタ社製の充電式草刈機のために設計開発されたチップソーローラーです。マキタ社製の充電式草刈機をご使用の場合は、迷わずこちらをお選びください。

2.北村製作所 ZAT-H18A ジズライザープロ

従来のジズライザーからサイズダウン(Φ100mm→Φ80mm)しコンパクト+軽量化。そのうえ、金属製安定板と比べて約7倍の耐久性を持つ高コスパ製品です。

3.北村製作所 ZAT-H50AA ジズライザーHIGH50

広葉雑草とイネ科雑草の成長点の高さの違いに着目。高い位置で草刈りすることによって広葉雑草の成長点を残しつつ草刈りし、それによってイネ科雑草を減衰させる、昔ながらの鎌による草刈りと同じ効果を生む新発想のジズライザーです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。